脂漏性皮膚炎の症状と治し方

脂漏性皮膚炎の症状と原因

脂漏性皮膚炎は、頭皮や頬鼻の周りなど皮脂腺が発達し皮脂の
分泌の多い部分に起こりやすく、他にも耳の後ろ、擦れて刺激を受け
やすいわきの下や太ももの付け根などにも起こることがあります。

 

肌荒れ

 

脂漏性皮膚炎の症状

鼻の周りや頬が皮脂でベタベタするのにカサカサしてポツポツ
赤みが出てかゆみが出たり かさぶたができボロボロと剥が
れてくることもあります。

 

頭にできた場合、かさぶたになって剥がれてくるためフケ症と
思い違いしてしまうことも多いです。

 

放っておくと皮脂が酸化して、加齢臭のような体臭が
することもあります。

 

新生児から生後3か月くらい迄の赤ちゃんと、思春期以降の
成人に多く、赤ちゃんは月齢が進むとともに自然治癒することが
多いのですが、成人では慢性化し治すのに時間がかかります。

 

脂漏性皮膚炎の原因

肌荒れ

赤ちゃんでは、皮膚が薄く皮脂の分泌が盛んなことと、毛穴が未発達なせいで分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすいことがあげられます。

 

冬場など服の着せ過ぎや暖房のし過ぎで 汗をかくと頭などに脂漏性湿疹が出来ることがよくあります。

 

大人の脂漏性皮膚炎の原因
 
皮膚の常在菌マラセチア

過剰な皮脂分泌が特長で皮脂を好む皮膚の常在菌マラセチアが異常繁殖し炎症を起こすと考えられています。

 

多量に分泌された皮脂の中の中性脂肪が、この「マラセチア」に
よって分解される時に、皮膚を刺激して炎症を起こしている、
といわれています。

 

体質遺伝など

男性ホルモンは皮脂分泌を促進することから、脂漏性湿疹の
患者は男性のほうが多いと言われていますが、ホルモンバランスの
乱れ等により、男性ホルモンの影響を受けやすくなり女性にもよく
見られる疾患です。

 

ストレス・生活習慣

原因についてはまだよく分かっていない部分も多く、他には、ストレス、
ビタミンBの不足、間違った洗顔や洗髪、睡眠不足など生活習慣の
乱れもあります。

 

脂漏性皮膚炎の治療

 

抗真菌外用薬

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌と関わっていることからまず初めに
「抗真菌外用薬」が用いられることが多いようです。

 

肌荒れ
具体的には、効果が穏やかなケトコナゾールクリーム
(ニゾラールクリーム)を処方され 副作用も少ないと
いわれています。

 

通常、1週間から2週間の塗布で症状の改善が見られます。

 

肌質によっては、抗真菌外用薬で症状が悪化したり、抗真菌外用薬で
一度改善した症状が、再発することもあります。

 

ステロイド外用薬

炎症などの症状が強い場合や、抗真菌外用薬で効果が出ない
場合には、ステロイド外用薬の使用で短期間で症状を改善させる
ことが出来ることもあります。

 

ステロイド外用薬は即効性があり目に見えて症状が改善しますが、
炎症を抑える効果はありますが根本的な治療にはなりません。

 

継続使用で症状が悪化するなど副作用が出ることが
ありますので注意が必要です。

 

症状により薬の調整が必要ですのでかかりつけのお医者様と
よく相談し支持に従うようにしましょう。

 

ビタミンB剤の服用

ビタミンB2やB6の欠乏によって、脂漏性皮膚炎の症状が
悪化するともいわれています。

 

その場合には、ビタミンB2やB6の内服薬が処方されることもあります。
例としては、ビタミンB2には「フラビタン」という薬やビタミンB6には
「ピドキサール」という薬が処方されています。

 

LFK配合のカルグルトと美肌菌ケアで脂漏性皮膚炎が改善しました>>