顔の赤みニキビの原因、種類と症状

顔の赤みニキビの原因、顔の赤み種類と症状

顔の赤みの種類があり原因によって症状も様々です。
赤ら顔の症状がでる原因

 

毛細血管拡張症

 

カルグルト

血管が拡張して血流量が増すと、血管の色が皮膚を通して透き通って見え、それが原因で顔が赤く見える症状です。

 

血管が拡張した状態なので、赤みがいつまでも消えません。

 

 

 

 

 

 

 

酒さ(しゅさ)

 

酒さ

主として中年以降に出現してくると言われていますが、程度の差はありますが幼児から老人まで発症する原因がはっきりしない慢性炎症性疾患です。

 

皮脂腺が発達することにより毛細血管が増え、それに伴って炎症による赤み、小さい吹き出物、顔面の毛細血管の拡張などの症状が生じてきます。

 

 

この病気の吹き出物は見た目はニキビと似ていますが、
まったく異なるものです。

 

精神的緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒、香辛料、運動、
化粧品などで症状が悪化することがあります。

 

女性は閉経前後に発症することが有り 長期間にわたって
少しずつ進行(悪化)します。

 

画像の例は軽度の酒さで重度だと脂漏性皮膚炎の
ような状態になります。

 

詳しくは酒さの原因と症状を御覧ください。

 

赤くすみ

(色素沈着)

 

日焼け

強い陽射しや摩擦、乾燥などのストレスにより、皮膚に炎症をもたらすケースがあります。

 

刺激や炎症が長引いてしまうとお肌の深層にある真皮や皮下組織にまでダメージをもたらしてしまうのですが、このようにして色素沈着した赤みを「赤くすみ」と言います。

 

具体的には、真皮の毛細血管が傷つき出血が生じ、血液中のヘモグロビンという色素タンパク質が真皮や皮下組織に沈着して赤黒くくすんで見えるようになってしまうわけです。

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎

 

鼻や鼻の脇とか、皮脂が多く分泌される部分に多く見られます。
過度に分泌された皮脂と常在菌が反応するために炎症が引き起こされます。

 

ニキビ跡

(炎症・炎症後色素沈着)

 

脂漏性皮膚炎

 

ニキビ(赤ニキビ)ができると、ニキビが出来たまわりの
皮膚が炎症により赤くなってしまいます。

 

そして、ニキビがなかなか治らなかったり、治ったあとに次々とニキビが
できたりすることで、赤くすみと同じ様に真皮や皮下組織にまで損傷を
与え、色素が沈着し、赤みになって現れます。

 

 

血管腫

(単純性血管腫、苺状血管腫、老人性血管腫、クモ状血管腫など)

 

脂漏性皮膚炎

皮膚や皮膚の下に広がったり太くなったりした血管が集まり、それらが増加していく性質の「血管のできもの」を血管腫と呼んでいます。

 

うまれつきの事が大半ですが、老化や傷によりできるものも見られ血管腫が生じる原因や遺伝性は、未だに判明していません。

 

血管腫にはいくつもの種類が見られますが、肌の赤みが発症するものには以下のものがあります。

 

単純性血管腫

俗にいう赤アザと呼ばれるもので、表面が平坦、または
少し隆起しているものです。

 

苺状血管腫:呼び名の様に、見た目が赤く
ぶくぶくと隆起しているものです。

 

老人性血管腫(角化血管腫)

赤ボクロ、赤イボと言われるもので、1〜数ミリ程度の赤い
吹き出物で老化によって引き起こされます。

 

クモ状血管腫

少し盛り上がった1?3mmの赤い発疹を中心に、血管がクモの
足の様に放射状に広がるものです。肝硬変等の肝疾患を持つ
患者、妊婦、経口避妊薬(ピル)を使用している女性にで
きやすい傾向が見られます。

 

※その他の、”肌の薄さ”が原因の赤み・肌荒れ
「菲薄化(ひはくか)」
「ビニール肌」

赤ら顔ニキビの原因、種類と症状記事一覧

酒さ(赤ら顔)とは?原因と症状

酒さ(しゅさ)は発症の原因として、ニキビダニ(毛包虫)の感染やビタミン不足、紫外線、アレルギーなどが関係していると考えられていますが、根本の原因がはっきりしない原因不明の疾患です。温度の変化や気温が上がること(例えば日光に長くあたる)、または精神面でのストレスによって誘発され頬が一時的に赤くなってし...

≫続きを読む

顔の赤み毛細血管拡張症になってしまう原因は!?

酒さの症状のひとつとされる毛細血管拡張症、原因・治療法等酒さと重複する部分もありますが毛細血管拡張症お手入れの参考にして下さい。毛細血管拡張症の原因肌の表皮の下にある「真皮」という層には、毛細血管が寄り集まっています。血管は、正常なら、自律神経の活動により、拡張と収縮を繰り返し、血流が調整されていま...

≫続きを読む