腸内細菌と酵素の関係

腸内細菌と酵素

腸内細菌の一番の働きは人間が消化できない栄養分を
分解し人間の身体では作れないビタミンや抗酸化成分を
作ってくれることです。

 

空腹を紛らわすサプリ

 

また腸内細菌は免疫細胞に刺激を与えて免疫力を高める
働きもしてくれているそうです。

 

人の身体は体内で起こる様々な化学反応で維持されて
います。

 

食べ物の消化・吸収から呼吸、脂肪燃焼や新陳代謝など
生命活動に関わる機能は化学反応を使った神経の働きで
行われていますがこの化学反応を仲介しているのが酵素です。

 

酵素の働き

 

酵素はタンパク質の一種で何万種もあると言われていますが
その中でも人の細胞で作られる酵素に消化酵素と代謝酵素があります。

 

消化酵素は唾液や胃液に含まれ炭水化物やタンパク質を分解します。

 

代謝酵素は消化酵素で分解された栄養分をアミノ酸やブドウ糖を
髪の毛に関わるタンパク質に変えたり、エネルギーに変えたりします。

 

他にも野菜や果物に含まれる食物酵素もありますがこれは
食物の環境の中で働く酵素で人間の生命活動に関わる
酵素としては働きません。

 

代謝酵素と消化酵素は人間のDNAにもとづいて作られ
ますので自分でコントロールすることは出来ません。

 

腸内細菌が作る腸内酵素

唯一自分で酵素を作ることが出来る方法が腸内細菌が
作ってくれる酵素、腸内酵素です。

 

腸内細菌が作り出す腸内酵素の数は人間の150倍と
言われています。

 

腸内酵素の主な働きは人の消化酵素で分解できないものを
発酵分解することが分かっています。

 

大豆イソフラボン、海藻類など人の酵素ではうまく分解できない
ものを乳酸菌から作られた腸内酵素が分解し人の力で作れない
ビタミンやミネラルを取り出す働きをしています。

 

3つの腸内細菌

善玉菌

身体に役立つ腸内酵素を作ってくれるのが
腸内細菌の善玉菌です。

 

悪玉菌

一方有害な酵素を作り出し食べ物を腐敗させ、
有害物質や有害なガスを出すのが悪玉菌です。

 

日和見菌

もう一つ強い方に味方する日和見菌があります。

 

健康な人の腸内細菌のバランスは善玉菌が20%、悪玉菌が
10%、残りの70%が日和見菌
です。

 

このバランスが壊れ悪玉菌が優勢になると腸内環境が悪化し
免疫機能の低下で様々な病気や老化を引き起こしてしまいます。

 

善玉菌の美容や健康への様々な効果、実は善玉菌が
腸内で作ってくれる酵素の働きだったんです。