乳酸菌とビフィズス菌どっちを摂ったらいいの!?

乳酸菌とビフィズス菌の違いと特長は!?

私たちの腸内に生息する腸内細菌、その中でも善玉菌として働いて
くれる乳酸菌とビフィズス菌、恥ずかしながらビフィズス菌も乳酸菌の
一種だと思っていたのですが その働きと特長はちょっと異なっているようです。

 

 

乳酸菌の特徴

 

乳酸菌は、微生物に属する細菌のひとつで50種以上の種が正規に
認められていて 球状の乳酸球菌と、棒状の乳酸桿菌とがあります。

 

炭水化物(ブドウ糖・オリゴ糖・乳糖などの糖質)を発酵してエネルギーを
得て、たくさんの乳酸を生成する細菌をひとまとめした呼び方です。

 

生物学上の分類は菌属は
ラクトバチルス(乳酸桿菌)ラクトコッカス(乳酸球菌)などです。

 

乳酸菌を使った食品 乳酸菌の発酵により作られる食品は
たくさんありますがどれも酸っぱい味がするのが特長でこれは
乳酸の味によるものです。

 

ヨーグルト、チーズ、バター、味噌、納豆、醤油、また日本酒、
ワインなども乳酸発酵により作られています。

 

生息場所

人や動物たちの腸内に限らず、牛乳や乳製品、漬け物などの
発酵食品にも見られます。

 

酸素(空気)があっても繁殖できる通性嫌気性という特徴があり、
ビフィズス菌とは異なって自然界に広範囲に生息しています。

 

腸内の乳酸菌の数

 

腸内に棲む乳酸菌の数は、1億〜1000億個善玉菌の0.1%以下、
ビフィズス菌の1万分の1〜100分の1の数です。

 

乳酸菌の働き

乳酸菌を身体に取り入れることによって腸内の善玉菌の繁殖を
助けたり、免疫細胞を刺激することにより免疫力が高まりウイルスに
対する抵抗力をつけたり 生活習慣病の改善、老化の防止、
がん予防などいろいろな効果が期待できます。

 

ビフィズス菌の特徴

ビフィズス菌の一番の特徴は、ヒトの腸内に最も多くすんでいる有益
な菌ということです。

 

ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出す細菌で、生物学上の菌属は
ビフィドバクテリウムと呼びます。

 

Y字やV字型に分岐した独特な形状をしていることから、ラテン語で
「分岐」といった意味をもつ「ビフィズス」と名付けられました。

 

生息場所

主に人や動物の腸内。酸素があると生育できない偏性嫌気性
いう性質のため、主に人や動物の腸内で生息し乳酸菌のように自然界で
広範囲に生息することが出来ません

 

腸内のビフィズス菌の数

ビフィズス菌は、私たちの腸内に棲む善玉菌の99.9%を占めていて、
その数は乳酸菌の約100〜1万倍の1兆〜10兆個と言われています。

 

ビフィズス菌の働き

 

腸内で悪玉菌の増殖を防ぎ腸内環境を整えさまざまな生理機能を
発揮します。
 
お酢の形で酢酸を摂取することも可能ですがお酢は消化の過程で
吸収されるため腸内まで届くことができません。

 

なので悪玉菌の繁殖を防ぐには酢酸を生成してくれるビフィズス菌を
腸内で増やす事が大切になります。

 

このように乳酸菌とビフィズス菌は全く別個のものなのですが 善玉菌として
お互いに関わりながら腸内環境を改善してくれる 大切な菌のようです。