腸内環境と美肌の関係

腸内環境が悪いとお肌も汚い

カルグルト

 

腸が汚れているとお肌も汚いって聞いたことありませんか!?腸内環境は健康だけでなく 美肌や老化にも大きく影響しています。

 

便秘、睡眠不足、ストレスなどで肌荒れを起こすのは 腸内環境の悪化が原因です。

 

腸内環境を改善することで 便秘、睡眠不足、ストレスを改善でき それが美肌にもつながります。

 

腸内環境が良いと美肌になる理由

 

カルグルト

全身の細胞は新陳代謝で日々生まれ変わっていますが食事で摂った栄養素が分解・吸収されて全身の細胞に運ばれています。

 

ですが腸内環境が悪化すると栄養素の分解・吸収、老廃物の排泄がうまくいかなくなり 肌は勿論、髪、つめの代謝も悪化してしまいます。

 

赤ら顔などの肌荒れは 腸内環境の悪化で 肌が栄養失調になっている 状況なんでしょうね・・・。

 

腸内細菌が作り出す酵素の働き

人がもつ消化酵素では 消化できない果物や野菜に含まれる
多糖類(不溶性食物繊維)を腸内細菌が作り出す酵素で
分解してくれます。

 

大豆イソフラボン

カルグルト

女性ホルモンに似た働きをすると言われる大豆イソフラボンは
人が持つ消化酵素では分解・吸収が出来ません。

 

そのままでは消化吸収できない大豆イソフラボンを分解し
吸収しやすいエクオールの形にしてくれるのが腸内細菌です。

 

エクオールは更年期障害の症状緩和、骨粗鬆症予防など 
女性ホルモンの代わりに老化防止の働きをしてくれます。

 

エクオールを作る菌を持つ人は 日本人のうち2人に一人と
言われています。

 

骨の強化成分の吸収をサポート

タンパク質(コラーゲン)、カルシウム、ビタミン類の消化・吸収を
助け 丈夫な骨を作ります。

 

ビタミン類の合成

腸内細菌は人の体では作り出せないビタミン類を 合成し
美肌作りに貢献しています。

 

質の良い睡眠

腸は脳と影響し合いながら自律神経をコントロールしていますが
善玉菌が元気で 腸内環境が整っていると自律神経のバランスが
整い 質の良い睡眠が得られます。

 

睡眠不足は 肌に1番に表れます 質の良い睡眠は 腸の
蠕動運動も活発にし 肌荒れの大敵便秘解消にも役立ちます。

 

腸内環境には難消化性デキストリン(食物繊維)が良いと言われて
いますがそれは 腸内細菌が作り出す ある物質がすごいという事が
分かりまして。

 

腸内環境は便秘やダイエット、美肌だけでなく健康に大きく
関わっているようです。

 

腸内細菌が作り出す万能薬>>